背中ニキビ跡 消す

MENU

背中ニキビ跡は化粧水で消す!ひと工夫で差がつくセルフケア

背中ニキビ跡が消えたイメージ
背中に繰り返しできるニキビ。
気付くとシミのような跡赤みが残り、背中が汚くなっていることがあります。

これが背中ニキビ跡。

ニキビができていた時のトラブルを肌が消化しきれず、お肌の中に残ってしまっている状態です。

しかも背中ニキビ自体も完治しない人が多く、できているニキビ+ニキビ跡という状態で肌にダメージがたまり続ける肌の悪循環にはまってしまうこともあります。

教えているつる江

でも、悩んでいてもニキビ跡が消えるわけじゃありません!

今日からできるニキビ跡ケアを行っていきましょう。

本格的な重ね付け保湿でニキビ跡を消す!

しっかりした保湿のイメージ
背中のニキビ跡を消すためにはとにかく保湿です。

保湿をして、ターンオーバーを促す。
これが全て。
どの背中ニキビのサイトにも同じことが書いてあるし、聞き飽きた言葉かもしれません。
でも、この前提はやっぱり変わらないんです。
ただより効果的に、より楽チンに工夫することはできます!
もちろんレーザーなどの美容治療に頼る手もありますが、まずはセルフケアでニキビ跡を消すことを目指していきましょう。

その重ね付けじゃ足りない!背中ニキビ向けのたっぷり保湿

保湿のために行うのは、化粧水の重ね付けです。
重ね付けする回数は5〜10回
とにかくたっぷり重ねていきます。

背中の皮膚は顔よりも厚いので、普通よりもしっかりとした保湿が必要。
でも、そのやりかたはとっても簡単なんです。
  1. お風呂で背中を洗浄。 手のひらに作った泡で優しく背中を洗い、タオルで軽く水気を拭き取ります。

  2. まず一回目の保湿。 化粧水をたっぷり目に素手に取り、背中に塗っていきます。
    この時ごく軽いパッティングをしましょう。
    赤ちゃんの肌にするくらい、ごく弱い力にするよう、十分注意してください。

    丸をだしているつる江

    この時一度に化粧水をつけすぎない様にしましょう。
    ちょっと足りないかな?とおもって大丈夫。
    重ね付けするので、とりあえず塗れればOKです。

  3. そこから1〜3分まって、2回目を塗ります。
この少し待って塗る、というセットを3回、4回…と繰り返していきます。

何回か重ねづけをすると、これ以上お肌に化粧水が入らないと感じるようになります。
目安としては、肌がたっぷり濡れていて、化粧水がすぐに垂れてきてしまう状態。

ここまで行ったら完了。

初めてこの重ね付けをすると、3回目くらいですぐに化粧水が肌に入らなくなります。
肌が硬いうちは仕方がないので、とにかく続けていきましょう。

肌が柔らかくなっていき、もっとたくさん化粧水が入る様になるので気にしない様にしましょう。
重ね塗りをしている間、肩の冷えを感じたら、肩にタオルをかけましょう。
また、肌に十分な化粧水をつけると、自然と角質が取れやすくなり、垢の塊のようなものが出てくることがあります。
これはこすらずに洗い流せることが多いので、無理に肌を傷つけないようにしましょう。

重ね付け化粧水のコツ

背中ニキビやニキビ跡のスキンケアは、自分で塗りにくいですよね。
専用のボトルスプレーや、パッティングの道具なんかも販売されていますが、できる範囲で自分の手で塗るようにしてみましょう。

ポイントを教えているつる江

背中の肌トラブルの原因は、肩こり首こりからきていることが多いんです。
肩周りの関節が硬くて背中で手が組めない人は、特にこの傾向があります。

もちろん最初は大変かもしれませんが、繰り返せば絶対肩の周りが柔らかくなってきます。
そうすると、顔のシワの予防にだってなるんです。

となれば、やらない理由は無いですよね!

体が硬い人向け!背中に化粧水を塗る方法
  1. 両手に化粧水をとります。
  2. 鎖骨の上から肩に触れ、首を傾けて届く範囲で化粧水を優しく塗っていきます。
  3. 化粧水が垂れてきたら、タオルを背中にかぶせ、余分な化粧水をとりましょう。
  4. また、後ろに手を回して、届く範囲に化粧水を塗ります。腰の辺りまで届かなかったとしてもそれでOK。

これで完了。
重ね塗りをしながら何度か繰り返します。

うまく塗れない場合は無理して腕を動かさず、指先だけをぱたぱたと動かすようにして化粧水を広げれば大丈夫。

範囲が全体に届かないとしても、気にしすぎる必要はありません。
その分、毎日続けていきましょう。

背中ニキビ跡にどんな化粧水を使う?

背中ニキビ跡に効くスキンケアのイメージ
背中ニキビ跡改善のための重ね付けは、たくさん化粧水を使います。

100mlで5,000円もするような化粧水は不向きです。
200mlで1,000円程度のものを、ドラッグストアなどで買ってきましょう。

ニキビ跡を早く消したいという場合は、背中ニキビ用の化粧水やゲルをプラスして塗ります。
  • 化粧水+背中ニキビ用の化粧水
  • 化粧水+背中ニキビ用ゲル
という形で使ってみてください。

もちろんお財布に余裕があれば、全部を背中ニキビ用のケア用品で行ってもかまいません。

組み合わせて使う場合は、最初の3回位は普通の化粧水を重ね付けします。
その後で、背中ニキビ用の化粧水やゲルを塗ります。
回数に決まりはありませんので、自分が気持ち良いと思う方法を探してみてくださいね!
ゲルは特に蓋の役割をしてくれるので重ねづけの最後に使うとオススメ。
保湿力が高いので、2回くらいに分けて薄く塗ってあげると良いでしょう。

あなどるなかれ、重ね付け保湿

今回ご紹介した、にきび跡を消すための方法はごく簡単なものです。

たかがこれだけ、と感じると思いますが、実はすごく効果があります。

私自身、背中に痛みを伴う大きなニキビがぽつっとできて、しかもつい触って潰してしまいました。

想像がつくと思いますが、当然かさぶたの様な跡が残るし、またニキビが繰り返しそうだしでどうしようかと思っていたところで、重ね付けをやってみたんです。

背中がきれいになったつる江

最初は薬やクリームを背中塗るとべたついて苦手だなと思っただけだったんですが、いざやってみるとその治りの早さにびっくり。

保湿で本当にニキビって治るんだなと、今更ながらに感心してしまいました。

最初になくなっていくのは肌の凹凸。
その後、今できているニキビが消えていきます。
どうしてもニキビ跡は完全に消えるまでに時間がかかりますが、肌がきれいになっていくのを少しずつ実感することができるので、ぜひモチベーションを維持しながら続けていってください。
絶対損はありません。
何よりも背中を触っていて楽しくなるという、ここ数年無い感覚を味わいました。

特別なことをする必要はありません。
今背中ニキビ用のスキンケア商品を持っていなければ、顔用の化粧水で今日から試してみてください。

いつもより一回だけ多く重ね付けしてみる。
そんな感覚でスタートしてみてくださいね!